ブレンド監修|世界No.1バリスタ粕谷哲さんからコメントをいただきました

 

コーヒーを飲む理由は美味しいからだけではありません。

ブラックコーヒーの美味しさを競う世界大会で頂点を極めた私が言うのだから間違いないと思っていただければと思います。

誰よりも美味しいブラックコーヒーを淹れることを競うWorld Brewers Cupですが、美味しいコーヒーを淹れて提供して審査されるというものではなく、3名のジャッジに対してプレゼンテーションも行います。

プレゼンテーションによって目の前の1杯のコーヒーに背景やストーリーが生まれ、それによって感じ方がポジティブにもネガティブにも変化するからです。

つまり、コーヒーの味わいというのは、コーヒーそのもののクオリティで決定するのではなく、体験価値によって感じ方が変わってくる飲み物なのです。

その体験価値を高めるものこそが”ものがたり”であって、だからこそ私はものがたり珈琲を監修しようと決めました。
コーヒーの味わいを向上させるのと同様に、”ものがたり”によって体験価値を高めることも非常に重要で、チャレンジングなことと考えるからです。

味だけを洗練させていく中で見失われがちなコーヒーの価値をこの”ものがたり珈琲”を通じて感じていただければ幸いです。

 

 

ものがたり珈琲監修バリスタ
粕谷哲さん

コーヒー業界に足を踏み入れて3年で独自の「4:6」メソッドによりWORLD BREWERS CUP 2016でアジア初の世界チャンピオンに輝く。現在は日本を含め、世界各国でコーチング、企業へのコンサルティング、製品プロモーションや商品開発を行うだけでなく、大会のジャッジを務めるなど次世代のバリスタ育成にも尽力している。